栄養管理室このページを印刷する - 栄養管理室

栄養管理室

ご入院中の患者様に安心して食べていただけるよう、給食用特殊料理専門調理師免許を持った調理師を中心に、治療食作りを行っています。

病院の食事って「まずい」「はやい」「冷たい」って思っていませんか?

温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで。バラエティと季節感に富んだお食事をお作りしています。

写真:配膳の様子

  • 徹底した衛生管理
  • 食材の吟味
  • 選択食の実施
    (二種類のメニューからお好きな方のお料理をお選びいただけます)
  • 食べやすさを追求した食事(咀嚼や嚥下機能を考慮した形態調整食)
  • 特別メニュー食(月に1回、300円別途負担)
あなたはAとBどちらを選びますか?
A 春巻き B 親子寿司
A シューマイ B 冷やしうどん
A 蒸し鶏・棒々鶏ソース B カレーライス

2月のメニュー 3月のメニュー
5月のメニュー 6月のメニュー

患者様に栄養食事相談を行っています。

経験豊かな管理栄養士があなたの食べ物に関する はてな?にお答えします。

糖尿病・肥満症・脂質異常症・高血圧・腎臓病・肝臓病・心臓病・すい臓病・痛風・アレルギー・嚥下障害・食欲不振による低栄養などのお食事に関して

  • 日時:平日(9:30~16:30)
  • 場所:外来…16番 栄養相談室 入院…各病棟相談室又は食堂

上記疾患以外でも、食事療法をはじめ、食べ物に関する質問などがございましたら、担当医または看護師までお尋ねください。 管理栄養士がご相談させていただきます。

医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など、様々な分野の専門家と共に、あなたの栄養をサポート致します。

食事が食べられない、栄養のバランスが悪い、必要な栄養が不足している、そういった状態が長く続くと、体に変調が起こってきます。栄養障害に対して様々な医療の専門家がチームを組んで、栄養の改善へとサポートします。

 

医師を中心とし、看護師、薬剤師、管理栄養士、医療相談員など、多職種のメンバーで構成され、 がんや、その治療に伴う痛みなどの症状をやわらげるための専門的治療・看護を行います。

 

褥瘡(じょくそう)って何か分かりますか?床ずれのことなのです。床ずれは血流障害、栄養障害など様々な原因が集まった上で出来るため、栄養の改善のみならず、皮膚の清潔、体位変換など医療スタッフ間の協力が必要なのです。

 

慢性呼吸器疾患では、息苦しさから食欲が低下し、食事量が減ってしまうため、栄養障害が起こりやすく、さらにひどい呼吸苦に陥ってしまいます。そうならないためにも、早めの栄養改善が大切になります。

 

成長期の子供達には無理なダイエットは厳禁です。子供達の成長を第一に考慮し、無理のないダイエットを、主治医・管理栄養士・看護師がご家族の方と一緒に考えます。メンタル面を大切にしています。(夏に年1回)

関連リンク


診療科・部門・専門外来






専門外来


アスベスト/物忘れ/パーキンソン/肺気腫/睡眠時無呼吸症候群/呼吸不全/抗酸菌/アレルギー小児神経発達肥満外来専門的予防接種一般予防接種/慢性肝疾患/禁煙





外来診療について詳細はこちら


受付時間

月曜日~金曜日(休診日を除く)

午前 8:20 ~ 11:00まで


休診日

土曜日・日曜日・祝日

年末年始(12月29日~1月3日)


急患の方は事前に電話連絡をお願いします。 電話:0774-52-0065






面会について詳細はこちら


終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで

(平日・休診日とも)