看護部このページを印刷する - 看護部

患者さんの人権を尊重し「安全と安心」「納得と信頼」のある看護の提供

変化する医療の現場に対応しながら、看護職は、病院・看護部の理念のもと、目標をもって活動しています。看護部の理念にあるように、患者さんやご家族ひとり一人を大切に、安全を守り、納得いただける看護ケアや説明を実施することで、信頼を得て、安心して過ごしていただけるように日々努力しています。
看護は、観察力が必要とされます。観察は、いつも患者さんのそばにいることができる看護師が、気づくことから始まり、今どうであるかを判断するアセスメント、必要な看護ケアの選択につながります。当院は呼吸器疾患、神経・筋疾患、重症心身障害のある方々に専門的な高度医療を提供する病院です。自ら思いやニードを言葉では伝えられない方も入院されており、人が生活していくなかで、なにげなく行っている呼吸・食事・活動、話す等のニーズを満たすために、看護の力が非常に重要です。患者さんの生きる力を支えられるように、個別性を重視した看護(その人らしく生(活)きる)に取り組めるように取り組んでいます。どのように看護の専門性が広がろうとも生きる力を支える看護が、看護の原点だと考えます。
また、当院の看護師はチーム医療において重要な役割を担っていることを自覚して、より質の高い看護を実践できるように、自己成長にむけて努力しています。チーム医療のメンバーである患者さん、ご家族が「望む人生」を第1に考えて、医師、コメディカルの方々とともに支援していきます。一緒にチームで行う看護を実践しましょう。看護部長として看護師の仲間すべての個を大切にしながら、支援したいと思います。

看護部長 上南 雪野

●患者さんへの援助
私たちは、生活者である患者さんの生命力の消耗は最小限に、もてる力は最大に発揮できるよう、患者さんの生活過程を整え、その人が自分らしく自立した生活が送れるよう、懸命に心を込めて援助いたします
●看護職員の心構え
私たち自身が専門職業人としての自覚のもと、自信と誇りを持って、健康的に能力の開発及び向上を図り、質の高い看護を実践できるように、チームメンバーと共に、努力いたします
新人(任)看護職員となられる皆さまへ私たちはお約束します

「一人で悩ませません」
「急がせません。焦らせません」
「ひとつ一つ、丁寧に説明します」
「一人でできるまで、見守ります」
そして、共に、成長致しましょう

  • ○ 患者さんの生命の安全と人権を尊重します
  • ○ 患者さんが納得できる個別的な専門性の高い看護を実践します
  • ○ 慢性期病院として地域と連携し、継続看護の充実を図れるよう情報を配信します
  • ○ 専門職として責任ある看護が提供できるよう、自己研鑽を重ねて能力開発と向上に努めます
  • ○ 患者数確保をはじめ病院経営に積極的に参画します
 

1.安全で安心できる専門性の高い看護の提供
2.その人らしい生活を地域で支援できる連携強化と情報発信
3.健康で安全に働き続けられる業務改善の推進
4.経営改善への積極的参画
5.互いを尊重し、自己成長できる体制整備

 
【看護単位】 7単位(病棟5単位・外来・手術室)
【入院基本料】 障がい者病棟:障害7対1、
一般病棟:急性期一般入院料7 10対1
【勤務体制】 二交替
(日勤)8:30~17:15
    9:00~17:45
(夜勤)16:15~ 9:30
【看護方式】 固定チームナーシング + 継続受け持ち

 

関連リンク


看護部




























外来診療について詳細はこちら


受付時間

月曜日~金曜日(休診日を除く)

午前 8:20 ~ 11:00まで


休診日

土曜日・日曜日・祝日

年末年始(12月29日~1月3日)


急患の方は事前に電話連絡をお願いします。 電話:0774-52-0065






面会について詳細はこちら


終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで

(平日・休診日とも)